2023年最新版【徹底分析】ガス料金が安くなった事実を公開します

ガス屋の窓口
Pocket

工場長
工場長

今回の記事は 実際の検針票からどれだけ安くなったのか 比較するよ

楓ちゃん
楓ちゃん

それは 信憑性が有り 信用できますね

スポンサーリンク

2023年最新版【ガス屋の窓口】相談したら ガス料金が安くなりました これでも何もしませんか?

ガス料金が高いそう思っている中で 更に料金改定のお知らせそんなハガキを見て ショウガナイ物価高騰だから我慢しよう

皆さん全員がそんな余裕が有れば いいですけど 私にはそんな余裕が有りませんでした 皆さんと同様に 心に刺さった【ガス屋の窓口】を利用 相談する事で ガス料金安くするべく行動しました

ところで ガス料金を安くするのに 選ばれた世帯の特権 なんですという広告を目にするんです

もし自分がその選ばれた世帯であるならば 動き出すべきで それでも動かない人も居るんです ある意味 不思議なんですが 

今回はそのなかなか動き出せない貴方 本当は少しでも家計を抑えたい あわよくばお小遣いを増やせ ないか? そんな貴方に 実際に私がガス会社を換える事で ガス料金がどれだけ安くなったかを 

検針票を添えて証明する事で 貴方の行動意欲を掻き立てたいと思っています

\まず先に公式 見たい方こちらから/

それではまずは 結論を端的に

8月  換える前だと 2,974円  料金改定後だと 4,052円 

9月  換える前だと 3,325円  料金改定後だと 4,568円 

10月  換える前だと 3,440円  料金改定後だと 4,738円 

11月  換える前だと 4,549円  料金改定後だと 6,375円 

ガス会社を換えなければ これだけ 余分に支払う所だったんです!!

この記事では めんどくさいと思って 何もしなかったら 何も行動しなかったらこの料金なんだ!!

という事 具体的な料金の内容を説明したいと思います

この記事を最後まで読み進める事で 私と同じ行動がとれると同時に 家計の支出を抑えることが出来れば 預金や小遣いUPに繋がる事 間違いなし(家族の大蔵省との交渉次第ですが^^)

スポンサーリンク

ガス屋の窓口をどこで知ったのか?

私はガス屋の窓口の事を 訪問セールスマンから初めて知りました 全然予備知識の無い状態でセールスマンと対峙したんです

結果的にガス会社を換えて 恩恵を得られた自分から言える事は

教えてくれる人が居ないと気が付かない事なんです

つくづく思いました 全然知らなかったんです 予備知識が少しでも有れば 研究や調査ができたのですが無頓着にもほどがある でもそんな方が多いんです 特にガス料金に関しては ですから皆さんも是非参考にしてみてください

工場長
工場長

ホント 知らないって事は 本当に残念な事ですね

楓ちゃん
楓ちゃん

判断する 遠慮する 断るって事 以前の事ですもんね

プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】

スポンサーリンク

ガス会社の基本料金 従量料金とは

ガス料金には 基本料金ガス従量料金という物が有ります 基本料金は固定料金なんですが ガス従量料金は使用分の料金なんですが 少し複雑な仕組みが有るので説明します

基本料金

今現在 1,500円です 以前のガス会社は 1,700円

料金改定のお知らせ(燃料高騰で値上げ)では そのまま1,700円という事でした

ガス従量料金

ガス従量料金は区分が有ります 使用量×単価になります ガスの使用量は ㎥ で表します

現在のガス会社は 区部が無く 一律 350円なんです

それでは 前のガス会社と 料金改定の区分料金を見てみましょう 

ガス使用量  0   ~  5.0まで   630円 改定後 730円

ガス使用量  5.0  ~  10.0まで   580円 改定後 680円 

ガス使用量  10.1  ~ 20.0まで    560円 改定後 660円

ガス使用量  20.1  ~         540円 改定後 640円

ガス代は年間5万円節約できる?!【ガス屋の窓口】

例えば 今月の使用量が22㎥ であれば 前のガス会社料金だと

630×5.0 580×5 560円×10 540×2  プラス基本料金と消費税です

3,150円+2,900円+5,600円+1,080円+1,700円= 税込15,873円

これが料金改定 値上がり後の換算ならば

730×5.0 680×5 660×10 640×2  プラス基本料金と消費税です

3,650円+3,400円+6,600円+1,280円+1,700円= 税込18,293円

2022年 7月に換えた 現在のガス会社の料金とするなら

350×22 プラス基本料金と消費税

7700円+1,500円= 税込10,120円

これが私が実際 ガス会社を換えて 料金を下げる事ができた

内容なんです

どうでしょうか? 5,700 値上がりを受け入れてたなら 約8,000円

行動しないだけで 余分にこの料金を支払っているのです 一番わかりやすい比較では無いでしょうかそれでは実際の検針票にて納得のいくまで比較してください

工場長
工場長

実際に自身の検針票で 比較してみるとよく分かりますよ

楓ちゃん
楓ちゃん

意外とガス料金 請求通りに払ってるだけで 内容知らない人多いかも

プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】

2022年 8月分

現ガス会社の請求

実際の使用量  9.8㎥

基本料金 1,500円 ガス従量料金 3,430円 消費税 493円

計 5,423円

元ガス会社換算料金

使用量 9.8㎥

基本料金 1,700円 ガス従量料金 5,934円 消費税 763円

計 8,397円   

元ガス会社値上げ換算料金

使用量 9.8㎥ 

基本料金 1,700円 ガス従量料金 6,914円 消費税 861円

計 9,475円   

今よりも 2,974円 高い 値上がり後は 4,052円 高くなってました

※換算料金ですので多少の誤差は有ります

2022年 9月分

現ガス会社の請求

実際の使用量  11.3㎥

基本料金 1,500円 ガス従量料金 3,955円 消費税 545円

計 6,000円

元ガス会社換算料金

使用量 11.3㎥

基本料金 1,700円 ガス従量料金 6,778円 消費税 847円

計 9,325円   

元ガス会社値上げ換算料金

使用量 11.3㎥ 

基本料金 1,700円 ガス従量料金 7,908円 消費税 960円

計 10,568円   

今よりも 3,325円 高い 値上がり後は 4,568円 高くなってました

※換算料金ですので多少の誤差は有ります

2022年 10月分

現ガス会社の請求

実際の使用量  11.8㎥

基本料金 1,500円 ガス従量料金 4,130円 消費税 563円

計 6,193円

元ガス会社換算料金

使用量 11.8㎥

基本料金 1,700円 ガス従量料金 7,058円 消費税 875円

計 9,633円   

元ガス会社値上げ換算料金

使用量 11.8㎥ 

基本料金 1,700円 ガス従量料金 8,238円 消費税 993円

計 10,931円   

今よりも 3,440円 高い 値上がり後は 4,738円 高くなってました

※換算料金ですので多少の誤差は有ります

2022年 11月分

現ガス会社の請求

実際の使用量  16.6㎥

基本料金 1,500円 ガス従量料金 5,810円 消費税 731円

計 8,041円

元ガス会社換算料金

使用量 16.6㎥

基本料金 1,700円 ガス従量料金 9,746円 消費税 1,144円

計 12,590円   

元ガス会社値上げ換算料金

使用量 16.6㎥ 

基本料金 1,700円 ガス従量料金 11,406円 消費税 1,310円

計 14,416円   

今よりも 4,549円 高い 値上がり後は 6,375円 高くなってました

※換算料金ですので多少の誤差は有ります

工場長
工場長

11月分からガスの使用量増えてきました やっぱり寒いとガス料金高くなります

楓ちゃん
楓ちゃん

そうなると 策が有るなら対処したいですよね 料金

プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】

ガス使用量が増えるのはいつ?

ガス料金が増えるというのは 冬なんです お風呂や洗面所 キッチンでもやっぱりガスの使用量が増えます この冬を迎える前 もしくは冬のうちにでも今現在 地域の平均平均以上の世帯の方は強烈に実感できると思います 

使用量が多ければ多いほど 料金の差が出ます 冬の時期にガス会社を換えてみましょう

ガス屋の窓口 相談は無料

ガス料金が高い もしくは値上がりする 自分の地域で適正な価格なんだろうか?もしかしたら 安くなるんじゃないだろうか?

そんな疑問が有れば 相談すればいいのです 相談は無料なので 換えなくても換えても無料です 何もしなければ 何も変わりません

話が進めば 相手はプロですので 分かりやすく説明してくれますまずは簡単にメールでも 電話でも聞いてみる事が一歩です

\公式はこちらから/

工場長
工場長

今の自分のガス料金が適正なのかを 聞くだけでも意味有るんですよ

楓ちゃん
楓ちゃん

やっぱり 止めた でもいいんですから聞いてみても良いですよね

工場長
工場長

そうです 判断材料を並べてから 決めればいいですよね

ガス屋の窓口の安心できる保証 2つ

一年間は返金保証付き 

新たなガス会社に契約した時(当然 今よりも安い料金) 1年間はそのガス会社の料金が上がる事は有りません 原油価格や急激なインフレでの価格上昇でも返金保証をする

永久料金監視保証

新しいガス会社に対して 料金の不当な値上げを防止するため 不当値上げ無し 適正料金を約束  ※不当値上げとは ガス会社独自の値上げや平均値上げ幅を上回る 値上げ 

この二つの約束が ガス屋の窓口を 安心して利用できる要素です

【ガス屋の窓口】

まとめ

今回は どんな言葉で おすすめ といっても 実際にどれだけお得なのか? 信用できないなどの行動を起こせない方に データとして実際の検針票を提示しました

4ヶ月で ガス会社そのままで 約14,200円 節約できました

4ヶ月 料金改定(値上がりしてたら) 約19,000円 の節約です

年間で言えば 約4万円 値上がり後なら 約5.7万円 節約

実際に使用量は冬の方が多くなります 今回の集計は8月から11月のデータなので 冬の場合はもっと節約できると思います ガスの中身 どこの会社も同じなんです 安く 節約できた方が 良いと思うんです 

一度 相談するだけで 換えないもOK 換えるもOK 実態調査の為にも 行動してみてください 

プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】

コメント

タイトルとURLをコピーしました