転職したい人が 何から始めればいいのか 転職先をどこで見つけるのか 提案します

転職
Pocket

工場長
工場長

こんにちは 転職 というのは誰でも考えたことが有る事だと思います

ショウ君
ショウ君

そうですね 時々に考えることあります

工場長
工場長

本当に好きな仕事、会社に勤めている方でも その気持ちが40年続く事はなかなか無いと思います

ショウ君
ショウ君

そもそも 好きな仕事や会社に勤めれる人は 一握りの人と言いますしね 毎日仕事が楽しいって 会社員ではレアかもですね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職したい人が 何から始めればいいのか 転職先をどこで見つけるのか 提案します

私は 30年 会社員をしてきました(現在も進行中ですが^^)

その経験を活かして 誰にも相談できない方に 少しでもアドバイス的な提案になればです

転職をしたい との中に 理由が有りますよね

やはり 「会社辞めたい」 どうして? となります

まず どうして? を自分でまとめてみましょう

そのどうして? 譲れないものなのかどうかを 

ノートに書きだしてみると気持ちが整理できます

次に何から始めるか? 色々やることが有ります

でもその中で 重要と思う事は やりたい事の確認 もしくは次の会社を決める でしょう

転職先 次の仕事どうするの? どこで見つけるの?

こんな時にすでに決めてる人 内定もらってる人は大丈夫なんですが

在職中に 仕事探し等 自分ができる事はすべてやっておきましょう

転職したい理由

仕事がつまらない、上司が気に入らない、給料が安い、忙しすぎる、責任が重い、

会社が遠い、環境が悪い、将来不安 などなど

理由は各個人で色々あると思います

そんな中で重要な事は

自分はこれは譲れないという事のラインを決める 

逆に考えがまとまっていなく漠然とした理由で 辞めてしまうと

また同じような環境の会社に就職してしまう事(引き寄せられる)有り得ます

まず ここが自分にとって我慢の限界ラインを決めて いざ転職先探しの時

ココだけは重視していますと 告げれるように こだわりを持って転職する

本当に理由は様々なので お金 人間関係 やりがい・・・それらを足して

限界ライン決めるも いいですよね

工場長
工場長

休みが不満で 給料安くなってでも 休みが重視です とかだよね

ショウ君
ショウ君

結局今持ってる不満を解消しないとだからね そこだけは言わないとですね

何から始める

じゃ一体何から始めればいいの? 何しよう?

そんな時に始めるのは 調べる事です

まず自分の年齢や地域での求人の状況 持ってるスキルの需要 希望給料の求人など

在職中にまず 世の中の需要に対して 自分の立ち位置を調べましょう

次に やりたい事 を決める事が大事 私はこれがしたいという事

もしくは 次の会社、仕事を決めるという事

次の仕事を探し中で 辞めるのは無謀と言えます のちに言い訳になってしまう

やりたい事を決めたら そこに向かって進めば良いでしょう 一時無職でも

やりたい事決めずに とりあえず会社辞めて 次の仕事先無いのは苦労します

再就職 困難にならない為に この二つを頭に入れる事が大事

転職先どこで見つける

転職先をどこで見つけるのか?

転職サイト 友人 知り合い ハローワーク 転職エージェント などですが

在職中に 一手 打ちましょう 

転職サイトや転職エージェントなどは 会社に分からないように転職活動ができます

言ってみれば 求人雑誌を本屋で買うのような事が 家で出来るのですから

買う瞬間を上司や会社の人に見られる リスクはありません

友人や知り合いに 紹介依頼は話が漏れる危険はあります

ハローワークの出入りは 残念でけど出入りに他の理由が発生しないので

見られたら 会社に不満を持ってると思われて難しいでしょう

ですから 無料で登録できる 転職サイトやエージェントサイトを利用して

自分の希望の会社を探すという事が 最良と思います

エージェントサイトにおいては 非常に親身に担当者が付いて

一緒になって探してくれる

すぐ辞めたい もうしばらく働く 半年後などの現在の気持ちに寄り添ってくれる

良き相談者になってくれます

工場長
工場長

サイトに登録すると オペレーターから担当者を付けてお話聞かせてくださいって 連絡ある場合有るから そのまま流れで相談するのもいいですよ

ショウ君
ショウ君

わざわざ 担当者付けて相談してくれるんですね メリットとか有るのかな

工場長
工場長

人材を紹介することでメリットがあるみたい 結構真剣に話聞いてくれるから

正直に胸の内を話せば すっきりするし 親身に相談のってくれるみたい^^

相談する

結局は会社の不満などを 吐き出す 同調してくれる

同僚や家族がいれば 相談できるのですが

私が思うのは 適切な助言をしてくれる人が 居る事が理想

第三者的な立ち位置から 今の会社の状況 社会の状況 当人の性格

トータル的に 時に厳しい事を言える 言ってくれる人も必要

その上で その言葉を受け止めて 判断材料の上で 決断した事は 後悔しないでしょう

あの時 言われてたよな でもあの時分からんかったなー ショウガナイ自分が決めた事だ

こうなれば 誰も教えてくれんかった? にならないでしょう 

自分に言い訳できないでしょう そしたら頑張るね^^

寄り添ったふりして 辞めたらとか会社変わればいいとか いう事は無責任

その次 その後を一緒に悩んでくれる 相談のできる人を見つける

居なければ エージェントサービスを活用も

しかし やはりビジネスなので 寄り添いすぎるかもですが^^

まとめ

今回は私も常に思っている

転職したいけど何からやろうと考えてる方に

提案できればと記事にしました

まずは 辞めたい理由の明確化 転職サイト等に登録して自分の需要調査

最低この二つ そして相談できる人を探して吐き出してください

そこで世の中の常識と 自分の考え方のピントがずれてないか確認できるといいですよね


https://nakataka-cool.xyz/2021/05/07/i-want-to-change-jobs-i-want-to-quit-i-dont-know-what-to-do-so-lets-start-now/

コメント

タイトルとURLをコピーしました