就職 知り合いの会社等に就職しても 必ず 就業規則を確認しなければいけない理由 

就職
Pocket

ショウ君
ショウ君

なんか 今回の記事はリアルな臭いしますね

工場長
工場長

実は 私が経験したことなんだよね 正確に言うと同業に誘われ入社なんだ

ショウ君
ショウ君

そう言えば おじさん前の会社廃業になった時 色んな会社から声かかったって言ってたね

工場長
工場長

そうなんだけど 私も初めての経験だったから なかなか分が悪い交渉だったかな

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

就職 知り合いの会社等に就職しても 必ず 就業規則を確認しなければいけない理由 

就業規則を確認するという事は 後々の休み 給料 退職等に

すごく重要になってきます これこそが最大の理由です

特に知り合いの会社や中小 零細企業の転職すると

確認しにくい 聞きにくいという事が 有ります・・・が

最初にこそ聞いておく方が良いでしょう

仕事に慣れてからだと嫌われるとか 余分な事考えるから

ですが 従業員が常時10人以上の会社であれば作成の義務が有る(パート、バイトも含む)

10人以下の会社では無いかもですが 最低でも簡易的なものでも書類をもらうべき

サイトやエージェント経由での就職

就職と言っても色々ありますが

転職や無職からの就職活動する時 転職サイトやエージェントを通して就職する時

求人票で 一応の条件を確認できますよね

でも それは正式な就業規則では無かったりします

必ず採用決定時に 就業規則を見たい 冊子を欲しいなど言って

必ず確認しましょう

知り合いの会社に就職

問題は知り合いの会社に就職する場合です

就職の理由にもよります

・条件や環境による自己都合転職からの就職

・引き抜きによる転職からの就職

・在職会社の倒産 破産による就職

・親や友人の紹介の就職

色んなケースが有ります

条件や環境による自己都合転職からの就職

自分が理想としない環境や給料であり諸問題の改善ができない

転職した方が条件が良さそうと思い 転職

明らかに条件が良い感じだったので信用して 就職

知り合いの企業なので 就業規則を聞きにくく 聞けてない

引き抜きによる転職からの就職

うちの方が条件が良いので うちに来なさいと勧誘

条件を目立つところだけしか知らない

給料は良いが 休みや退職金等の話をしにくい

結局 好条件の事でだけで悪い所が見えない

工場長
工場長

ほんと 目先の好条件につられて 休みとか 退職金とかの事聞けないんだよね

在職会社の倒産 破産による就職

完全に分が悪い

路頭に迷ってる自分を 採用してくれた・・・

そんな感じの面接になり 自分の本来の要求ができない

おおよその条件で 就職

給料 休みすら聞けない そんな状況下での就職

工場長
工場長

これが私のケースだね 色々口頭で確認したけど 話が違うなって感じ

やっぱり書面で確認すれば 良かったと思うね

親や友人の紹介の就職

親や友人が世話してくれた就職先

感謝の念でわがままに聞こえる気がして 確認できず

これまた おおよその条件のみで

ろくに給料や休みの事が聞けない形で就職

こんな事はあり得ないようで 意外と有るんです

就業規則とは

就業規則= 会社のルールブック なんです

労働時間、賃金、休暇、退職、会社で働くことの約束事が記載されている

その中でも必ず書かれている項目は

労働時間に関する内容 始業・終業・休憩などの就業時間や休日・休暇等

賃金に関する内容 給料の額や計算方法、支払い、昇給についてなど

退職に関する内容 退職や定年、解雇について

会社独特のルールが有る場合の表記 相対的記載表記として

退職手当に関する内容 条件や支払い方法、支払い時期について

臨時の賃金や賞与 最低賃金に関する内容

食費や備品など 費用負担に関する内容

安全衛生に関する内容 服装や身なり

災害補償や業務外のケガや病気の扶助に関する内容

表彰や制裁に関する内容

その他 会社の特殊な規則等

このような情報が書かれてる 冊子やPCファイルなどが

いつでも閲覧できるように しておく事となっている

※雇用契約書というものも有りますが 就業規則は会社全員 雇用契約は個人

全員と個人の条件が違う場合も有るが 最終的に労働者の優位な条件の方が優先されます

重要視する項目

労働時間と休日

賃金や昇給 残業

退職時の規則

健康診断の有無

業務上の経費や個人負担等の取り決め

交通費等手当

この項目を重視する必要が有る

労働時間と休日

休憩も含めた1日の労働スケジュール

週1日もしくは4週で4日の以上の休み(法律上)

有給や年次有給休暇の取得 特別休暇についての給料有無

賃金や昇給 残業

遅刻 早退 欠勤での給与の減額のあるなし

会社都合の休暇時 給料の支払い

残業代の割り増しの額 休日出勤 夜勤手当や割り増し額 

残業手当で一定の残業含む手当固定残業代が給料に付帯の場合あり

1時間でも20時間でも同じ固定残業代で手当てが付いている場合が有る 額によって損得が発生する

ボーナスや退職金制度の規定 

ショウ君
ショウ君

そもそも固定残業代って なんか基本給下げる目的みたいだよね 

工場長
工場長

だからそうゆう事も 書面で確認できるといいよね

退職時の規則

退職方法 何日前にまでに申し出る等 法律では2週間とあるが

 会社の取り決めで 退職時の待遇が変わってくる

定年や懲戒、解雇等の条件

競合先への転職の禁止等の取り決めも有る

健康診断の有無

健康診断を実施することは 義務なのだが実際していない企業も有る

特に零細企業や個人商店等は健康診断無しと 聞くことが有る

業務上の経費や個人負担等の取り決め

仕事で使用する物の経費の負担等の規約を確認

携帯電話の通信料 パソコンなど

交通費

賃金に含まれる分野だが あえて交通費支給の 金額に注視

 実際一律 1万円なんてとこも有る 1万円じゃ無理という距離も

 意外と交通費不足は効いてくるので 要注意(ハイオクやハイブリットとか燃費によって)

まとめ

就業規則を必ず見てください という理由について

説明してきました

聞きづらい 確認しづらい と思いますが

働き始めたら もっと聞きづらいです← 最重要

1年後 3年後ぐらいに 不満がたまってくると 辞めたくなる要因の一つになる

しまいには 言った 言わないで 真実は闇の中

そんな後悔しないように 

コメント

タイトルとURLをコピーしました